オーバーチュア攻略

2009年07月24日

SEO対策

SEO対策

孫子曰く、兵は国の大事、死生の地、存亡の道なり、察せざるべからず。

現代的に意訳すれば、国家の目的は、国の存続と国民の福祉だと、孫子は著している。

また、孫子が繰り返しているのが、感情、意地、成り行き、面子、イデオロギーも越えた合理精神である。

右肩上がりに慣れた甘い観測は捨て、「利に合わざれば而(すなわ)ち止む」、ときには思いきって退くことが大きな勝利へとつながるとも説く。

戦略を練るにあたっては、「五事七計」が肝要だと続く。

五事とはすなわち、道、天、地、将、法の基本であり、七計とは、主、将、天地、法令、兵衆、士卒、賞罰の諸条件を言う。

これら一つずつを具体的に分類・比較し、有機的に連結させれば敵に勝つ確率が高くなる。

社会においても、自社の兵力の大きさ、核となる知将と戦略、時勢、地の利の有無を正確に把握し、競合他社と具体的に突き合わせて、戦いのゴーサインを出すべき。さらに、「怒りを以て師を興すべからず」。対抗心だけで勝負を仕掛けるのは愚だとも孫子は言う。

計画立案時に考慮すべきは、「度量数称勝」。

これは、ターゲットとする市場規模に応じて投入する資金、人材を決定し、それらが、競合他社を越えると判断ができて初めて勝利が得られることを意味する。

また、「算多きは勝ち算少なきは勝たず」の心構えも重要だと言う。捨て身の戦法、「況(いわん)や算なきにおいておや」。勝つ見込みもないのに絶対に勝てるわけがなく、いたずらに歩を進めて兵「現代でいえば金」を失う結果を招く。

『孫子』が説く戦略が新しいとされるのは、軍備・兵力運用優先のエコノミクス視点を持ち込んだことです。

ここから生まれた「糧を敵地に求める」主張、「拙速を尊ぶ」精神、「敵に勝ちて強を増す」思考が勝算をもたらす。

ビジネス即戦争である。日本経済に欠けているのは、このエコノミクスの視点ではなかろうか。

大規模な兵站計画や長期展望を持ったエコノミクス・プログラムの構築能力、これがビジネス戦争での勝負の分かれ目となることでしょう。












だから、もしよければこの商材をドンドンアフィリエイト販売してください。

そして、救える人を一人でも多く救って、貧乏人を一刻も早くなくしていきましょう。

一年間に2500万もの国民税金を給料として貰い、選挙に勝てないといった選挙のことしか考えない政治家に、国民のための政治を忘れた、政治もできない政治家に騙されて困る前に、一刻も早くこれから先、生きていく上で困らないだけの究極の技術を手に入れましょう。ぜひ稼いでください。

そして人の弱みに蔓延する環境ホルモンよりも有害な詐欺商材やボッタクリを、この世界からサッサと追い出しましょう。

また、協力していただいたお礼として、ささやかではあるのですが売り上げの数パーセントはあなたのものになるのです。

そのための価格設定です。

大金を稼がせることは、ド素人であってもリモートコントロールで落ちこぼれることなく、私達が全員引き受けます。

その代わりというわけではないのですが、今生活に困っている人、先が見えなく不安がって居る人に力を貸していただければと思います。

これ以上、無意味な経済といった災害被害者を増やしてはいけないと思うのです。
posted by seoo at 23:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。